上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

野球が終わりました

子供が小学校3年から始めた野球。
13日に終わりました。
title.jpg


2勝したのは2000年以降初めてだそうです。
普通の高校生が普通の部活を一生懸命する…そういうごく普通の高校生活を送ってくれることが望みでした。
それは、今の高校野球に疑問を感じるからであり、またわが子がそういう特別な高校生ではないとわかっているからです。
flag.jpg


続けることは難しい。
あっという間の3年間でした。でもいろんなことがあったでしょう。
親になどわからなくてもいいのです。本人がその後の生き方や考え方に糧となるようなものを得てくれればよいのです。今は気づかなくとも、ピンチに追い込まれたとき生かされるような何かを得たかもしれないのですから。

わが子について言うなら、結局は3試合出番なし。代走とセーフティバントの機会はそうあるものではありません。まあ、大きな番号を背負わなければならなかったことには大きな後悔を感じているようです。
それは誰のせい?と尋ねたら「おれ」という返事。

点差のせいか、わりとあっさりした表情で出てきた子供たち

でも今年から監督になった若い先生の前ではどうにも涙をこらえられなかったようで、みな一様に号泣していました。

終わった瞬間を思い出すと今でも思わず涙が出てきます。
うまくいえませんが、それは親にとって子供が与えてくれた、こういうことでもなければ味わえないものだと思います。もちろん、子供に感謝なんかしませんよ!
彼らが親に感謝すべきなのですから…
野球をやっていたのは子供たちです。
でもわが子のことであるから、つい強く思い入れをしてしまう…親とは悲しい生き物だと思う今日この頃です。
stand.jpg


これで長男のバスケ2年、次男のバスケ2年、三男の野球4年のスポ少追っかけ、その後の三男の野球追っかけ…通算14年間が終わりました。お疲れ様でした。

さあ、これからは私のアジだよ~ん♪
[ 2008/07/16 18:12 ] diary | TB(0) | CM(2)

野球・終わった瞬間

高校まで野球を続けたということ自体が、羨ましいことでしたよ… 朝起き、送迎、泥んこのユニフォームの洗濯、弁当作り… 支えるお母さんたちの努力も並大抵なことではなかったはずです。10年間の野球追っかけ、お疲れ様でした!子供を通して私に野球を教えてくれたヤヨさん… 三回も応援に行ったのは、大きな声はりあげて、ただ応援したかったからではないよ… 終わる瞬間・に、私も一緒にいたかったからです。続けることは、決して簡単なことではなかったはずだからね… 色々あったけど、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとう。
[ 2008/08/21 23:43 ] [ 編集 ]

☆アタシさん

最後の最後まで応援ありがとう!!
ほんとにいろいろあったね…。でも楽しい10年間でした。
ともすれば、能力の高い子だけがその権利があるように思われかねない状況ですが、その意味ではよく続いたなと思います。
普通の子どもの高校野球…われわれが子供の頃とは比べられないくらい親や家族のサポートが不可欠になっています。
そんなことにも疑問を感じつつ…
ありがとうございました!!
[ 2008/08/22 14:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukapon.blog58.fc2.com/tb.php/262-1bf52862