上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

父の移送

先月緊急入院したあと介護認定の見直しの結果を待っていた父だが、12月に入って介護度が決まり、姉の家の近くの老人介護施設に入所することが決まった。
ちょうど1室空きがあったので、個室に入る。とりあえずこれはラッキーなんだろうなぁ…

29949870_org.jpg
ここまで並べるのに必死(^^;; photo by ふくままさん Thanks!

「もう一人暮らしは無理だよ」という医者の強いすすめに従ったもので、これを本人に納得させるのは至難の業だと思われたが、意外にあっさり同意を得られたのには拍子抜けする思いだった。

ところが、父はなぜ入院することになったのか全く覚えていない。なんだか知らないけど、救急車に乗せられて病院に連れてこられたとしか思っていない。
別に覚えてなくてもよいのだが、これは病院に行くたびに話題に上る。そして最初から説明すると…「そうか…そんなに悪かったのか…」と言うのだけど。
一時期は心臓の具合が悪くなって、危ないかも…っていうときもあったのに…。いわゆるマダラ状態なんだろうなぁ…そのあたりの記憶は…

29948247_org.jpg
ドラハ二日目AG1にて♪ photo by ふくままさん&chimaちゃん Thanks!

そんなわけで、なんでこういうことになったのか、さして理解しないまま浦和の施設に入ることになったが、本人はリハビリをがっちりやって元の気ままな一人暮らしもどりたいようだ。
そりゃあそうだよね…
そんなことを思うとトシをとるのは切ないものだと思う。

最長で1年限度として3ヶ月毎に自立への進捗状況が判断される。今後のことも早めに決めていかねばならない。できれば父の望むようにさせてあげたいと思う。
長寿ってほんとにおめでたいことなのか…わからなくなってくる…
[ 2009/12/11 23:56 ] diary | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukapon.blog58.fc2.com/tb.php/390-d292dfa0