上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

動画から見えるもの

58821964_org.jpg
集合写真♪ photo by よ~ちんさん Thanks!

競技会のコース検分では一応自分で考えてそれをコース上で疾風と実現することを優先している。
もちろん指導してくれる先生に相談することがないわけではない。今までに数回相談して安心してコースに臨んだことももちろんある。
でも今自分にとって自分で考え実行することが大切だと思っている。

自分がどれくらいできるか、疾風がどうくるかetc.etc.私自身よりも、疾風が小さいときから教えてくれてる先生のほうがずっとわかっているのは承知の上。
経験値の圧倒的に少ない私では、できることは限られる。こうできたらいいなと思いながら検分することも多い。
でも今は自分で考えたハンドリングにまずこだわりたい。
結果的に失敗しても、私自身にとっては忘れ得ないものになるはず。

競技会では仲間たちがそれぞれ違う角度からビデオを撮ってくれている。
これを繰り返し繰り返し見ることで、いろんな事がわかってくる。これはとてもありがたい。

今回のドラハのビデオでもさまざまな発見があった。
ムダにしてはならないたくさんの失敗、大きな失敗にはならなかったけど個々の小さな失敗…こうすればよかった、ああするべきだった…

今の私は、ルカをビギナーでなんとか気持ちよく走らせることができる程度の力しかないハンドラーなのだという現実も見えた。
発想力にも欠けている。誰も思いつかないようなハンドリングではなく、みんなが当たり前にやっていることを思いつかず、「へっ?」と思うこともたびたび。

疾風は一人でどんどん前にいく子である。それに甘んじて楽にハンドリングすることもできるだろう。でも守りに入るのはよくない。コースに応じて一番有効なハンドリングができるようになりたい!
がんばんないとねがんばるぞ

58820260_org.jpg
タヌタヌ疾風♪ photo by よ~ちんさん Thanks!

これはアジブログに書くべき内容だが、ここ数日頭から離れないのでこちらに書きました。




[ 2010/12/02 23:55 ] agility | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukapon.blog58.fc2.com/tb.php/525-e6c58d15