上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今回の経験から

震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします
避難所で不安な日々を過ごされている方々に一日も早く笑顔が戻りますように


今回個人的な友たちも含め、さまざまな人に助けられました。
千葉の仲間には殊にお世話になりました。私たちのことを考え、とても冷静に我慢強くさまざまなことに対処してもらって、私たちはとても助かりました。

私たちは、周りの方々から見れば被災者ということになります。
被災者には一番情報が入らないものだということも実感しました。
私の学生時代のスキー部仲間が福島で先生をしていて、今は教育委員会にいます。福島も大きな被害を受け、その対策本部長という立場で休む暇もないようです。その上に原発問題ものしかかっていて、今は特にたいへんでしょう。そういう真っ只中にいながら、政府からは情報が入らず苦慮しているようです。

みんな必死です。
なんとかよい方向に行けるように一生懸命やっているんです。

私たちは被災したとはいえ、不便はあるものの普通の生活ができています。
避難所にいてご家族の安否もわからない人たちに比べたら、贅沢な不便です。

たいへんな人たちに何かをしてあげたい思うのは当たり前でしょう。
それでつながらない携帯に電話したりメールしたりしてくれるのでしょう。でも、今回この非常時に携帯が役に立ったかと言えばそうとは言えないと思います。

私の友達で、今すぐにでも助けにいきますという勢いでメールをくれた人と数日たってから非常に控えめに安否確認のメールをくれた人がいました。
どちらもありがたいことです。
が…、勢いよくメールをくれた人はその後も何度となく「何かいるものはないのか?なんでも送るから!」と言ってくれました。そのたびに「ありがとう。だいじょうぶだからね」と返しましたが、それが何度も続くとちょっと辟易してしまいました。

他人の善意をなんだ??と言われるかもしれません。
でもね、少なくとも私たちは家族と自分の家にいて、なんとか生活できているのです。
電気も3日停電したぐらいで回復し、すぐにネットもつながっています。
これって、地震前と何かちがいますか?
ガソリンが手に入らないとか食べ物を買うのに2~3時間並ばなきゃいけないとか、水がでない、ガスが復旧しないとか不便はあります。
でもみんな同じでしょ!
自分だけいい思いをすればいいなんてことは、普通には考えないことではないでしょう?

最初に地震が起きたとき私は車に乗っており、揺れがおさまってから信号の消えた非常に交通量の多い道路を車で通過せざるをえない状況でした。地震直後でいきなり信号が消えて、地震のショックもあってきっとみんなが焦っていたと思います。でも、それぞれが譲り合い事故もなく通行していました。
助けあうというのはこういうことではないでしょうか…
それぞれが自分の安全を確保しながら、周りにも配慮する…
助けてあげるから!
なんとかしてあげるから!
ありがたいことです。そう思っていただけるだけで十分です。
でも私だけが助かりたい、楽になりたいとは思わないものです。私も無事でいたいけど、みんなも無事でいてほしいのです。
うまく言えないのがもどかしいのですが、たとえば地球上に自分一人だけになっても生き残りたいかと言われたら、私はNO!です。
今はそんな気持ちです。
あまりに一度にいろんなことが起きたのでみんな焦っているのでしょう。
周りを見渡しても不安だらけです。
これからいつまで続くかわからない不便さにも不安がないわけではない…でもみんなが元通りの生活ができるように一生懸命取り組んでくれている人たちがいるのですから、それを信じて普通に生活していこうと思うのです。
今できることを精一杯にね!(掃除しろよと言われそう)

先日ガソリンを求めて吹雪の中あちこち走りました。
山形方向から来る災害派遣の自衛隊の車列を見たとき涙がでそうになりました。
こんな動画も見つけました。

神様とか宗教とか全然興味がなくて、子供のお宮参りさえしない私ですが、「祈る」ということをとても身近に感じさせられた…それが今回の地震でした。


阪神大震災にあわれた方のブログより
参考意見
[ 2011/03/19 23:56 ] diary | TB(0) | CM(2)

私が、阪神大震災の時は、木造のアパートでした。そして隣のマンションに突っ込み倒壊は、免れました。避難所も倒壊し、家族で、車とテントで、生活したのを覚えています。そして祖母が、おにぎりを持ってかけつけてくれたのを覚えています。当然ガスも電気も水もなく、すぐにあいているコンビニに水だけを買いにいったのを覚えています。テレビで、放映されているのは、ひどい壊滅状態の放送ばかり、しかも阪神大震災よりひどいことばかり、しかも津波の映像、これらを見ると、すべてが、同じようなレベルで、被災しているような錯覚におちいってしまったのでしょうね。ガソリン不足で、電気自動車が、もっと活躍してくれればいいんですけどね。
[ 2011/03/21 00:23 ] [ 編集 ]

☆いさぱぱさん☆

いさぱぱさんも阪神大震災の折はたいへんな思いをされましたねぇ…。
今回の地震は何と言っても津波!これが被害の大きさを大きく分けました。フィールドは壊滅しましたが、みな無事!
その時フィールドにいた仲間も命の選択を迫られながら、間一髪無事!「無事」という一言に尽きます。地震だけならば家屋倒壊があったとしても、ここまで大きな災害とは認知されなかったのかもしれません。
とにかく未曾有の惨事になってしまいました。
その上に原発事故…不安要素ばかり。
みんな普通ではない精神状態になっても仕方ないのかもしれませんね…

神戸が混乱の中から見事に復興されたように、東北もきっと復興します!
物流も再開されたようだし、ライフラインも復旧しつつあります。ここは明るい未来を信じるのみだと思うのです。
たとえ今は未来を信じられない人たちがたくさんいたとしても…
[ 2011/03/21 09:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukapon.blog58.fc2.com/tb.php/566-4aa4c947