上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あれから1年

昨年の今日、大きな地震が東日本の太平洋側を襲いました
それは単なる大きな揺れだけではなく、1000年に一度と言われる大きな大きな津波を生み、海側の広い範囲をあっという間にのみ込み、多くの犠牲者を出しました
そして、誰もが考えもしなかった未曾有の福島第一原発の事故…

私はあの地震以前の日々のことをほとんど思い出せません
昨年は3月11日から始まったような気さえします
でも、週末になればフィールドへ行ってみんなでワイワイ練習した写真が残っています
あのアジ道具はみんな流されてしまった…
器具をしまってあったコンテナも、みんなでワイワイ語り合った小屋も…
正直なところ、アジのことを考えたのは、あの日練習していた仲間が無事だとわかった後からずいぶんたった少し生活が戻ったかなと思えるようになった頃…
それまでは、もうアジなんて出来ないと思っていました
それはフィールドが流されてしまったからではなく、こんな大きな災害が起きたのにアジどころではないと思ったからです
趣味などといっている場合ではない!何かしなくちゃ!その思いが強かった…

8月にOPDESのTT1を受けに埼玉まで出向いた折、筆記試験でご一緒した関東の方もやはり同じ思いをいだいたとおしゃっていました

今、私たちの生活は戻っていますが、まだまだ困難を抱えた方はたくさんおられます
行方不明のまま、きりをつけたいとお葬式をされた方もたくさんです
特に先の全くよめない福島の方たちの苦悩は、大きなものでしょう

今日はあれから1年…
フィールドに行って練習をしましたが、その時刻YUYUさんとかずくん、よ~こちゃんの4人で黙とうしました
名取インターあたりは車も多く、喪服の方やお坊さんの姿もたくさん見ました

いろんな考えがあり、いろんな対応があり、瓦礫の受け入れも強硬に反対する方々もたくさんいて、除染しても
それを保管する場所にも困り…まだまだたいへんな事が続きます
風評被害も大きな問題です

この日のことを胸に刻み、これからも自分に何ができるのか考えていかなければと思います

"And so, my fellow Americans: ask not what your country can do for you
-- ask what you can do for your country."
ケネディの演説だったでしょうか…
「国があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたが国のために何ができるのか問うてほしい」

ここ1年、頭から離れないフレーズです



[ 2012/03/11 23:56 ] diary | TB(0) | CM(2)

現在生活は、戻りつつあるようですが、テレビを見る限りあまり復興は、進んでいないようですね。これからが、本当の復興ではないかと思います。震災の時、いろんなアジ友さんの安否を確認したのを覚えています。今では、みんな元気にアジをやっておられますし、ドックスポーツで、また頑張ろうという気になってくれているのが、嬉しいです。我が家も少しでも何かのお手伝いが、できればと思っています。
[ 2012/03/12 16:16 ] [ 編集 ]

☆いさぱぱさん☆

その節は本当にご心配をおかけしました
瓦礫は周りからはきえましたが、処理に何年かかるとか行き場がないとか…まだまだです
というより、これからかなり時間がかかるでしょう
目に見えて復興した…っていうのは実際ムリなんでしょうねぇ…でも、負けない気持ちを持ってみな立ち向かっています
まさに東北魂ですよ!粘り強いですからねぇ
神戸から学んだこともたくさんあったと思います
すべて無駄にはなっていない…無駄にはできない、してはいけないものですものね!

本当にまたアジができるようになってよかったです
アジをしていたおかげで、たくさん励ましもいただきました
ありがたいことです!
[ 2012/03/15 00:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rukapon.blog58.fc2.com/tb.php/716-4bee01b9